• 相続放棄で全ての借金から解放される

    • 相続は、亡くなった人の遺産を相続するための手続きのことを意味しますので、亡くなった人に残された遺産が存在する場合にはその遺産を引き継いで家族や自身の財産とすることができます。


      しかし、相続には一つだけ大きな落とし穴が存在することを知っておかなくてはいけません。それは、財産だけではなく亡くなった人の借金も相続の対象として含まれてしまうことです。
      これを知らずに相続の手続きを行ってしまうと亡くなった人が残した財産を引き継がなくてはいけないので、当然借金を返済しなくてはならない義務を背負うことになります。
      では、こうした借金を相続しないための手続きは存在しないのでしょうか。
      もちろん、このような不公平なことが内容に借金を相続しないという手続きも存在します。


      こうした手続きを相続放棄と言い、手続きをきちんと行うことによって借金の返済義務から逃れることができます。

      相続放棄を詳しく調べるなら便利なサイトです。

      相続放棄というのは、簡潔に述べると相続に関するすべての権利を放棄するということを指しています。

      マイナビニュースは支持されています。

      この権利というのは借金を返済する責任と義務だけではなく、財産を相続する権利も放棄することを意味しますので、例えば後から相続して財産にできるだけの遺産が見つかったとしても一度相続放棄の手続きをしたときにはそうした財産を相続する権利が亡くなってしまうことに注意をしなくてはいけません。



      残された遺産に相続人にとって利益となるものが存在しなかった場合には、遠慮せずにこの手段を利用しましょう。

  • おすすめ情報

    • 家庭裁判所に相続放棄をする流れ

      被相続人が多額の借金を残したまま亡くなってしまった場合や、資産的な価値のない土地を相続しても維持管理の負担の方が大きい場合などに、申請されるのが相続放棄です。相続人が被相続人の遺産を必要としていない場合に、家庭裁判所に手続きをすることで認定されます。...

  • 知っておきたい常識

    • 相続放棄の必要性とは

      故人が生前に残した遺産を、相続権を持っている遺族たちが受け継ぐことを相続と言います。預金や土地、家などの相続を巡ってトラブルに発展するケースもあるくらいですが、被相続人が残した遺産が必ずしもいいものばかりとは限りません。...

  • よく解る情報・これからの法律

    • 相続放棄の手続きは家庭裁判所へ

      相続財産というと、普通は不動産や預貯金、現金、有価証券などのことを思い浮かべます。これらはもちろん相続財産ですが、相続の対象になる財産はこれだけではありません。...

    • 相続放棄をしたいなら、手続きをしないと認められない

      遺産は相続人にとって、債務などのようにできれば相続したくはない性質のものが存在します。借金の額がすべてわかっている場合もあれば、相続人も知らなかったような借金が被相続人の死後に見つかって、プラスの遺産よりもはるかに金額が多い場合などのケースが考えられます。...